山金ものづくりワード集

高温疲労(こうおんひろう)


疲労強度は、一般的に環境温度の上昇とともに低下する傾向があります。
高温における疲労強度は繰返し速度、応力波形、酸化の影響、材料の組織変化の影響を強く受け、常温の疲労破壊と比べ複雑な様相を示します。

山本金属の4連式回転曲げ疲労試験機は、実際に金属が使用される環境を想定した疲労試験がオプションユニットにより可能です。
高温環境ユニットを用いる事で最大600°下での疲労試験が実施する事ができ、近年進化し続ける耐熱特性に優れる金属材料の回転曲げ疲労試験にも対応することが可能です。

詳細は「集光加熱ユニット」を御参照下さい。

 

高温環境ユニット