製品情報

  • MULTI INNTELLIGENCE®

    切削加工時の工具内の温度・振動をリアルタイムにモニタリング
    受信機とPCを設置で温度・振動データの読み取り・記録が可能

    切削工具・ツールピンの先端付近にセンサ(熱電対など)を内蔵しているため工具刃先・ピン先端の温度・振動を測定する事が可能です。工具そのものを”知能化”し加工・接合現象の”見える化”を実現。
    ホルダー内部に計測器とワイヤレストランスミッターを搭載し、計測した測定情報は無線送信されPCモニタで確認する事が可能です。

  • GIGA QUAD®

    研究開発の高効率化・実環境を想定した試験が可能

    金属疲労や疲労破壊を試験する装置です。鉄やステンレス、アルミ、その他さまざまな金属材料で試験することが可能です。4本の試験片を同時に試験出来るため、4連式回転曲げ疲労試験機と呼ばれています。4連式のため、データ収集が早く出来、S-N曲線も効率的に作成できます。また、高サイクル疲労領域の試験も効率的に行えます。また、オプションユニットを用いる事で実環境を想定した疲労試験を実施する事も可能です。

  • COOL-i®
    COOLANT ANALYZER

    クーラントのモニタリングで貴社のクーラント管理をサポート

    Cool-iは水溶性切削液の管理を目的としたモニタリングシステムです。クーラントタンクから自動的にサンプリングを行い、濃度、pH、液温および室温を計測します。
    得られたデータが貴社のクーラント管理をサポートします。

  • Thermo-Nail®

    釘内部に熱電対(K型)搭載しているため、内部短絡時において電池内部の発熱点での温度計測が可能

    リチウムイオンバッテリーの構造上、十分な安全確保が必要不可欠であり、安全性評価試験の一つである”強制内部短絡”の模擬試験を行う必要があります。
    Thermo-nail®を用いることで内部短絡時おいて、電池内部の発熱点での温度計測が可能です。

  • 研磨砥石回転試験機

    砥石の破壊回転速度を評価できます。

  • 衝撃疲労試験機

    衝撃ハンマの上下運動により試験片に衝撃荷重を繰り返し負荷させることで衝撃疲労を与える装置です。

  • バレストレイン試験機

    溶接を行いながら歪みをかけることによって溶接高温割れを再現し、溶接高温割れ感受性を定量的に見る試験・
    特性評価ができます。

  • 材料試験用荷重検定器(レンタル)

    本器は材料試験機の荷重検査や、ロードセルの校正、構造物に加わる荷重の精密測定用としてお使い頂けます。

  • ソケット自動測定機

    品質維持のため、人による寸法測定の工程のあった 製品の改善として、ソケット自動測定機を開発。自動で測定し、良品・不良品が識別されます。

  • リチウムイオンバッテリー
    釘刺し試験機

    リチウムイオンバッテリーの安全性評価試験の一つである”強制内部短絡”の模擬試験を行うための装置が本試験機です。※現在は制作しておりません

  • 3Dスキャナー「Focus3D X330」
    (レンタル)

    非常に測定範囲が広いハイスピード3Dスキャナーです。直射日光下でも、最大330m離れた場所にある対象物をスキャンできます。

  • 平面うねり測定器

    平面のうねりを10μ(測定は1ミクロン単位まで可能)
    まで保証した測定器。

  • ワーク自動搬送機

    無人運転の可能な状態にするため設計・製作。このワーク自動搬送機により、生産性向上に大きく寄与しました。
    また機械に合わせて設計仕様変更可能です。