残留応力計測
ソリューションサービス

MIRS®法 ― 高精度内部残留応力測定法(深穴穿孔法)

残留応力計測の
ソリューションを提供

特徴01

厚板への適用

板厚100mm以上の試験体でも
測定可能
(1mmの深さから測定可能) 

特徴02

測定位置決定の精度

機械制御で位置決定を行う為、±1μmの精度で制御可能

特徴03

複雑形状への対応

形状制約が小さく、
複雑形状でも測定可能

特徴04

加工量の抑制

測定位置の穿孔+トレパニング
のみで測定可能
加工量が 抑えられる為、
短納期,測定コストダウンを実現

鋳造、鍛造、溶接、研削、ショットピーニングや熱処理などの加工によって材料中に応力が残ります。
残留応力は構造物における応力腐食割れ、疲労亀裂や脆性破壊を引き起こす恐れがあります。
それ故、残留応力の把握による適切な構造設計・金属加工・施工管理は 構造物や各種加工部材の信頼性確保に必要不可欠です。

山本金属では培ってきた金属を削る・穴を開ける・磨くという技術と
素材を計測評価するノウハウを活かし、あらゆる残留応力計測サービスを実施しています。

なおMIRS®法は弊社が培ってきた加工技術を活かした深穴穿孔法を利用した高精度な内部残留応力測定法です。
全ての工程を日本国内で行いますので従来よりも短納期で対応させて測定・評価させて頂きます。

厚板内部まで計測できる残留応力計測手法

MIRS®法とは

高精度内部残留応力測定法(深穴穿孔法)はイギリスで開発された深穴穿孔法を
山本金属製作所・ 大阪大学・コベルコ溶接テクノ株式会社・岡山県産業振興財団と共同で改良した高精度測定方法です。

本測定は厚板内部まで計測できる残留応力計測手法です。
本方法では100mm以上の厚板内部の残留応力測定にも適用可能です。板厚4mm~対応可能です。薄板・鋼管でも実績があります。
※計測可能板厚:4mm~200mm  ※計測可能重量:10tまで

【測定事例】
●各種鉄鋼、アルミ厚板や鍛造材の内部残留応力分布把握
●ブレーキディスクにおける内部残留応力分布把握
●自動車用アクスルの残留応力測定
●積層造形材・レーザービーム造形材の残留応力測定
●樹脂材の内部残留応力分布の実測値把握(エポキシ樹脂・PP等)
●射出成形条件におけるの樹脂成形体の残留応力測定
●ピーニング効果の確認
●FEM解析結果の検証
●溶接シュミレーションの妥当性検証
●き裂進展挙動の確認など
●タッチプローブでの票裏面0~1mmの残留応力測定
樹脂材料(エポキシ樹脂・PP等)・CFRPでも計測実績があります。
Point01

MIRS®法の計測について

Point02

ひずみゲージ切断法との比較

ひずみゲージ切断法 内部残留応力測定 MIRS®法
材質 鉄鋼、非鉄金属、樹脂 鉄鋼、非鉄金属、樹脂
計測深さ 計測深さ 2~100mm以上
(ただし、単純形状に限る)
0~100mm以上
(複雑形状可能)
測定ピッチ 2mm~ 0.2mm~
測定位置の誤差 貼付け位置±0.5mm
ゲージ傾き±1°程度
±1μm程度
加工量 加工量 1.5mm程度の
ブロックになるまで切断が必要
測定位置の穿孔+トレパニング
⇒ 究極まで破壊量を抑えられる
必要日数 4週間~8週間
(測定ピッチ数による)
約2週間
Point03

各種計測法における測定深さ

評価方法の改良によりMIRS®法にて表裏面0~1mmの残留応力の評価が可能となりました。
小型・薄肉形状の製品や材料の評価にご活用下さい。

Point04

ひずみゲージ法

検査物の残留応力または歪みを測定したい部位に測定方向を考慮してひずみゲージを貼付し、
ひずみゲージの周辺を切断することで解放された応力を測定する方法です。
ひずみゲージを貼り付けた部分全体に作用するマクロ的な応力測定に適しています。
適用例:板厚内部の残留応力の確認

Point05

X線回折法

材料に応力が加わると原子の配列している距離(格子間距離)も伸縮します。
X線回折法では格子間距離の変化をX線により測定します。
応力の測定深さは表面から約数μmの範囲で、微小領域に作用するミクロ的な応力測定に適しています。
適用例:ショットピーニング効果の確認

FAQ

よくある質問

皆様からの残留応力計測ソリューションサービスに関してよく頂く御質問をまとめました。
下記以外の質問もお待ちしておりますので、是非お問い合わせ下さい。

MIRS®法は非破壊法ですか破壊法ですか?
測定位置の穿孔+トレパニングを実施しますので破壊量を抑えられますが、
非破壊法ではありません。位置付けとしては部分破壊法になります。
MIRS®法にて計測する穴径はどのくらいですか?
φ2.5もしくはφ6になります。
MIRS®法にて測定可能な素材形状は?
φ25以上または□25以上のワークから6m×3mの
テーブルに乗せることが可能なものとなります。
MIRS®法対応可能な材質は?
金属または樹脂については対応可能です。
MIRS®法における受託試験の流れは?
①御発注頂く
②試験体を弊社岡山研究開発センターへ送付
③計測
④データと試験体をご返却
以上となります。

ご注文・ご依頼までの流れFlow

お電話・メールで、ご相談を受け付けます
まずは、お電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。
スピーディーにご対応させていただきます。
step 01
ヒアリングし、お客様のご要望をお伺いします
御訪問やWEB会議システムでのお打ち合わせを通して、試験の仕様を摺合せさせて頂きます。
試験仕様に基づき、御見積書をご提出します。
02
試験の立ち合いも可能です
実際に被削性評価試験サービスを御発注頂いた場合は、岡山研究開発センターにて試験の立ち合いも可能です。
お気軽にご相談ください。
03