FSW教育支援サービス摩擦攪拌接合評価試験の教育(研修)支援

こんなお悩みありませんか?

FSW評価試験について
教えてくれるスタッフがいない、教材用,勉強用の設備がない

課題01

社内で採用実績がなく、
前例もないので、
試験のとっかかりが難しい。

課題02

新素材や新形状に対する
適切なツールと接合条件等、
相談できる機関が少ない。

課題03

接合メカニズムが
解明されていない。
効率の良い試験計画が
組み立てれない。

課題04

実技演習を伴った
FSWの接合理論を
学べる,勉強できる場が少ない。

製造部門・生産技術部門・
品質保証部門の方々対象

FSW教育支援サービス

【見える化】をキーワードに
FSWの理論の理解や接合後の継手の観察方法などを分かりやすく教育,研修支援します

試験風景の一例

FSW教育支援サービスでは、高度生産技術者の育成を目指します。
※高度生産技術者とは、実生産現場における、インプロセスの品質評価ができる人財。
レベルによってカリキュラムを用意しています。
実際の接合加工を行える環境があり、実技演習も出来ます。

実施場所 株式会社山本金属製作所 岡山研究開発センター
費用 60万円~(税抜)
※実施内容によって費用が変わります。
参加人数 4名様まで(1企業様のみ)
レベルI(初級)
対象:製造専門オペレーター
座学 FSWの特徴 実習 AL(A6061)のFSW実習(M付き)ー重ね及び突き合わせ(直線)
インプロセスデータの取得方法 回転数、接合速度、ツッコミ厚さによるツールの温度変化の体験
インプロセスデータの活用方法 切欠き付き(欠陥)試験材の接合
緊急対処方法
安全衛生
レベルII(中級)
対象:生産技術部門技術者
座学 被接合材の力学的特性 実習 AL(A6061)とADC12のFSW実習(MI付き)ー重ね及び突き合わせ(カーブ)
ツール部の接合中の温度特性 回転数、接合速度、ツッコミ厚さによるツールの温度変化の体験
接合パラメータと継ぎ手の特性 切欠き付き(欠陥)試験材の接合
接合部の入熱計算 摩耗ツールによるFSW時のツール温度と継ぎ手
設定誤差が継ぎ手に及ぼす影響
継ぎ手の評価
接合中の管理
レベルIII(上級)※レベルII(中級)は必須です
対象:総括責任者(品質保証責任者)
座学 被接合材の力学的特性 実習 AL(A6061)とADC12のFSW実習(MI付き)ー重ね及び突き合わせ(カーブ)
ツール部の接合中の温度特性 回転数、接合速度、ツッコミ厚さによるツールの温度変化の体験
接合パラメータと継ぎ手の特性 切欠き付き(欠陥)試験材の接合
接合部の入熱計算 摩耗ツールによるFSW時のツール温度と継ぎ手
設定誤差が継ぎ手に及ぼす影響
継ぎ手の評価
接合中の管理
継ぎ手の品質保証方法
継ぎ手の非破壊検査
異材継ぎ手の考え方と注意点
service01

接合実演

Demonstration

実際に接合してみましょう。

service02

見える化

To visualize

接合中のツールの温度・力・加速度・抵抗、ワークの温度
⇒計測の仕方をレクチャーします。

service03

接合継手の観察の仕方

Observation method

断面観察の方法・X線による欠陥状態の見方・引張試験
製品品質の管理のポイントが分かる。

OK接合例A5083 5t
NG接合例A5083 5t
異種接合事例(Mg合金+A6061)
※画像はイメージです
service04

理論

Theory

理論を理解し、生産現場で問題が起きた際に、解決方法を自ら導きだ出せるようにする。高度生産技術者の育成には欠かせません。
※高度生産技術者とは、実生産現場における、インプロセス品質評価ができる人財。

弊社のモニタリング技術を中心に、
FSW(摩擦攪拌接合)について説明させて頂きます。

例えば、このような
ご要望にお応えします。Request Order

  • 社内で採用実績がなく、前例もないので、試験のとっかかりが難しい
  • 新素材や新形状に対しての、適切なツールと接合条件等、相談できる機関が少ない
  • 接合メカニズムが解明されていない。効率の良い試験計画が組み立てれない
  • 実技演習を伴ったFSWの接合理論を学べる勉強できる場が少ない

ご注文・ご依頼までの流れFlow

お電話・メールで、ご相談を受け付けます
まずは、お電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。
スピーディーにご対応させていただきます。
step 01
ヒアリングし、お客様のご要望をお伺いします
御訪問やWEB会議システムでのお打ち合わせを通して、試験の仕様を摺合せさせて頂きます。
試験仕様に基づき、御見積書をご提出します。
02
試験の立ち合いも可能です
実際に御発注頂いた場合は、YAMAMOTOラボ(富山県産業技術研究開発センター内)・岡山研究開発センターにて試験の立ち合いも可能です。
お気軽にご相談ください。
03