よくあるご質問

皆様からのよく頂くお問い合わせをまとめました。
下記以外の質問もお待ちしておりますので、是非お問い合わせ下さい。

加工品製造について

どのような材質を加工できますか?
主として鉄・ステンレス・アルミの加工をおこなっています。
また焼入れ鋼やインコネル・チタンの難削材においても加工実績があります。
樹脂も加工できますか?
樹脂加工の複雑形状加工においても実績がございます。
完成品部品(熱処理・溶接・研磨・鍍金等を含む)で納品してもらえますか?
可能です。弊社には山本金属協和会という50社以上のネットワークがあり、
研磨・熱処理・メッキ・溶接・板金加工等幅広い加工内容に対応させて頂けます。
精度はいくらまで狙えますか?(何ミクロンまでなど)
±0.005mmまで対応可能です。精度が求められる試験片等にも対応致します。
それ以下の精度に関しましては別途御相談下さい。
加工可能なサイズはどれくらいですか?
φ5~φ700の大きさまでなら対応が可能です。
依頼する数が1個ですがお願いできますか?
1個からでも対応させて頂きます。
数万個以上の数量対応も可能ですか?
弊社のグループ会社山本精密で対応可能です。
納期はどの程度で対応できますか?
図面・機械の空き状況、依頼の難易度によって変わるため、
案件別に対応させて頂いています。
値段は前もって分かりますか?
加工形状、材質、納期、数量を伺った後に、見積りと納期を回答します。
材料は持ち込まなくても大丈夫ですか?
頂いた図面を基に材料を仕入させて頂きます。
ただし特殊な材料においては仕入が出来ない場合があります。
全数寸法検査して頂けますか?
加工依頼時にお申し付け頂ければ対応可能です。
必要に応じて測定結果もお出しできます。
工作機械は何台所有していますか?
NC旋盤145台、マシニングセンタ(縦型・横型・5軸)17台、他円筒研削盤等も複数保有しています。詳細は設備一覧をご覧下さい。
計測機器はどのようなものを保有していますか?
3次元測定機など多数の検査設備で品質保証体制が整っています。
またPT・UT・MTといった非破壊検査にも対応しております。
詳細は設備一覧をご覧下さい。
急ぎの製品について寸法測定だけ依頼することは可能でしょうか?
計測のみの依頼も承っております。
スタッフ配置をフレキシブルに行い短納期要求にも対応致します。
詳細は測定サービスをご覧下さい。

設備機器について

切削動力計に関心があるのですが、貴社から購入する事は可能ですか?
弊社は日本キスラー社と業務提携を結んでおり、キスラー社の代理店でもあります。ご興味がございましたら、是非一度お問い合わせ下さい。
現場改善における治具・設備について、
設計から組立(装置)までの対応は可能ですか?
特注の装置製作の製作も承っております。
治具1個からラインの自動化装置まで実績がございます。
詳細は製品情報をご覧ください。
何かお困り事がございましたら是非お問い合わせ下さい。

計測評価機器について

疲労試験だけを依頼する事は可能ですか?
弊社は受託試験会場でもあるため対応可能です。
もちろん試験片の製作からも承ります。
詳細は材料試験サービスのページをご覧下さい。
回転曲げ疲労試験片の製作から試験まで依頼する事は可能ですか?
弊社には長年培ってきた切削加工のノウハウがございますので、
試験片製作から対応させて頂くことは可能です。
詳細は材料試験サービスのページをご覧下さい。
3Dプリンター材料のような高価な材料ではあまり大きな母材を提供出来ないのですが疲労試験は可能なのでしょうか?
最小φ5の試験片が製作できれば問題ありません。
弊社では3Dプリンター(金属積層材料の評価でも実績があります。
詳細は金属積層造形材料評価試験サービスのページをご覧下さい。
GIGA QUAD®はどういうところに特徴があるのですか?
弊社の試験機は4連式のため、データ収集が素早く、
S-N曲線も効率的に作成できる所に最大の特徴があります。
また高荷重・実環境を想定した疲労試験を実施する事が可能です。
詳細はGIGA QUAD®のページをご覧下さい。
MULTI INTELLIGENCE®をちょっと使ってみることは可能ですか?
MULTI INTELLIGENCE®はCutting・FSW typeともレンタルサービスにてお使い頂けます。貴社の実機にて加工条件の最適化等にご活用下さい。
詳細はこちらのページをご覧下さい。

評価試験サービスについて

被削性評価試験サービスでは試験結果をレポートにしてもらえますか?
打合せ時に御依頼して頂ければ対応は可能です。
また試験時のデータもお渡しする事も可能です。
被削性評価試験サービスの依頼を考えているのですが、試験法案も考えて頂けますか?
弊社にて試験条件(使用機械・工具・切削条件等)の選定を行い、仕様書を作成させて頂くことも可能です。
ただし、その際には別途打合せの機会を設けて頂く事になります。
被削性評価試験の立ち合いを行うことは可能ですか?
可能です。被削性評価試験サービスは基本的に弊社岡山研究開発センターで行いますので、こちらにお越し頂く事になります。
FSW評価試験の立ち合いを行うことは可能ですか?
可能です。
FSW評価試験サービスは基本的にYAMAMOTOラボ(富山県産業技術研究開発センター内)で行いますので、
YAMAMOTOラボにお越し頂く事になります。
試験に関する打ち合わせを電話・メール以外で実施可能ですか?
WEB会議システムでのお打ち合わせにて可能です。
営業時間内(9:00~17:00)であれば対応可能ですので、
お気軽にお申し付け下さいませ。