山金ものづくりワード集

S-N曲線(エスエヌきょくせん)


S-N曲線とは材料がどれくらいの繰り返し応力に耐えられるか、どれくらいの回数を与えるとどれくらいの応力で破断するのかをあらわすものです。
S-N曲線のSは「Stress」のS。これは繰り返す負荷のことです。
Nは「Number of cycles to failure」のことで、破断までの繰り返し数を示しています。

 

S-N曲線

 

上記のグラフはS-N曲線の一例です。
右下がりの直線となっており、繰り返し数が多くなるほど、より小さい応力で疲労破壊を起こすことがわかります。なお、疲労試験に関してはこちらのページにも詳細がございますので御参照下さい。疲労試験について詳しく見る