山金ものづくりワード集

金属疲労(きんぞくひろう)


金属疲労とは、材料が負荷を繰り返し長期間に渡って受けていくうちにその個体に亀裂が生じたり、強度が落ちて破壊に至る現象のことです。
実際に機械構造物破壊事故の約80%は疲労破壊が原因と言われています。
そして誰もが利用する飛行機・電車・橋、そしてジェットコースターなどにおいて金属疲労による重大な事故が過去には起こっています。
上記のような事故を未然に防ぐためには、確実で安全な設計が必要です。そして、安全な設計をするためには「疲労試験」を行わなければなりません。 なお疲労強度を把握するには、疲労試験機で試験を行わなくてはなりません。
以下の論文を御参照下さい。
→ Full Paper for ICF13 PDF

また、疲労試験は弊社の疲労試験機GIGA QUADを使えば、高効率・高精度な試験が可能です。

疲労試験に関してはこちらのページにも詳細がございますので御参照下さい。