山金ものづくりワード集

被削性(ひさくせい)


被削性とは、切削加工時の削られやすさを示します。
工具摩耗、切削抵抗・切削温度等の特性で定量的に評価されることがあります。
実際にこのようなお悩みはございませんか?
・工具の折損・摩耗が激しく、工具費用が大きな負担になる
・現状の切削条件では加工時間が長いor精度が満たせない
・耐熱合金の削りやすさが従来材料と比較してどの程度か分からない
・加工条件について経験や勘に依存しているところが大きい

山本金属では、定量的に判断できる指標を用いることで切削加工の“可視化”を行い、最適条件の選定のサポートを行っております。
NC旋盤・マシニングセンタ・5軸加工機まで幅広い設備を保有しておりますので、多種多様な試験に御対応致します。切削条件・工具・油剤・給油方法・材質等あらゆるモノを比較対象にした評価が可能です。

詳細は以下にございます。是非ご覧下さい。
≫被削性評価試験サービス