山金ものづくりワード集

リチウムイオンバッテリー(リチウムイオンバッテリー)


リチウムイオンバッテリーとはリチウムイオンによって充電や放電を行う二次電池です。
正極板と負極板をセパレータを挟んで積み重ね、全体を有機溶媒の電解質で満たした構造になっています。
なお二次電池とは充電を繰り返して何度でも使える電池のことで、これに対して使い捨て電池を一次電池といいます。下記のような大きな特徴があり携帯電話やノートパソコン、デジタルカメラなどの小型軽量の高機能なモバイル機器に搭載されています。

①高エネルギー密度 → エネルギーをより小さく・軽く保存
②メモリー効果が小さい → 継ぎ足し充電しても劣化しにくい
③自己放電が小さい

このように非常に便利なリチウムイオンバッテリーですが最大の特徴である「高いエネルギー密度」によって、短絡時に大電流が流れやすく、急激に加熱する危険性があり、
「特定電気用品以外の電気用品」に指定され、規制対象となっています。(400Wh/L以上の高エネルギー密度品のみ)

上記の通りリチウムイオンバッテリーは非常に危険なものであります。
それ故にしっかりとした安全保障が必要です。

山本金属ではリチウムイオンバッテリーの安全性を評価する上で欠かせな
い強制内部短絡試験を行う試験装置を製造・販売しています。

リチウムイオンバッテリー釘刺し試験機の詳細ページを是非ご覧ください。

Libcy 釘刺し試験機