山金ものづくりワード集

コレットチャック(コレットチャック)


コレットチャックとは、ワークを固定する、またはドリルやエンドミルなどの切削工具を固定するための治具です。
コレットチャックは様々な形状があり、幅広い用途でワークまたは切削工具の固定に使用されています。
同じチャックでもスクロールチャックは3つあるいは4つの爪でワークを掴むのに対し、コレットチャックは、コレットの割り数によりワークを包み込むように把握しますので、1点にかかる圧力が少なく済み、圧力が分散するためワークの把握部分全体を傷付けず固定することが出来ます。なお、弊社の4連式回転曲げ疲労試験機の試験片把持部にもコレットチャックを採用しております。
これにより「確実な試験片の取り外し」が可能になった他、長期間の実験で試験片がチャックに固着してしまうということがなくなりました。
また、コレットを交換することで、「異なる試験片形状の保持」が可能となります。
コレットチャック 図1
コレットチャック 図2
弊社の疲労試験GIGA QUADに御興味がございましたら、
下記をクリックして下さい。