山金ものづくりワード集

ギガサイクル疲労(ギガサイクルひろう)


ギガサイクル疲労とは、疲労試験における(107回以上)領域における疲労を示します。(図1)
地球資源枯渇回避と低炭素社会実現、メンテナンスが難しい場所で機器設置等に対して機械構造物、インフラ設備、航空機部品などにおける長期の信頼性保証技術の確立は重要課題であるにも関わらず、試験時間が非常に時間が掛かるため(図2)、材料学分野ではこれまで研究した実績が少ないのが実情です。
実際、ギガサイクル領域においては疲労特性が変化するケースもあります。
108回以上のギガサイクル領域では下記に示すようなFish-eyeが材料内部に発生しそれを起点とし亀裂が進行し破断するケースがあります。(図3)

 

ギガサイクル疲労

 

このようなギガサイクル領域における疲労試験に弊社の疲労試験機GIGA QUADは向いています。試験片を4本取り付ける事が出来るため、スピーディーな試験が可能です。
御興味がございましたら下記バナーをクリックして下さい。