山金ものづくりワード集

アルマイト (アルマイト)


アルマイトとはアルミニウムの陽極酸化皮膜の事を示し、その処理工程が一般的にアルマイト処理と呼ばれています。
アルミニウムは酸素と結びつきやすく、空気にさらされるとすぐに薄い酸化皮膜を作ります。アルミニウムは自然に作られる皮膜で保護されているので一般的に錆びにくいのですが、非常に薄い皮膜であるため環境によっては化学反応で腐食してしまいます。
そのためには、やはり表面を保護する表面処理が不可欠となりアルマイトを行う必要性が出てきます。
またアルミニウム自体の耐食性を向上させることはもちろん耐摩耗性も向上させる他、黒色の場合は外観性の向上や放熱効果(黒体放射)も備え付ける事が可能です。

なお、弊社の4連式回転曲げ疲労試験機GIGA QUADはアルマイトのような表面処理により強度がどのように変化するかを比較検証するのに適しています。
材料の内部に存在する介在物に左右されにくい片持ち式試験片を用いるため、表面処理による疲労強度の向上を調査する事に適しています。

アルマイト 片持ち式試験片

片持ち式試験片
弊社の疲労試験GIGA QUADに御興味がございましたら、
下記をクリックして下さい。