切削加工,分析・評価機器,評価試験サービス 山本金属製作所 [大阪]
YAMAMOTO METAL TECHNOS CO., LTD.
株式会社山本金属製作所 お問い合わせ 06-6704-1800

お問い合わせ サイトマップ リンク English
Top 企業情報 ニュース 製品・技術情報 研究開発 採用情報
 TOP > GIGA QUAD> よくある御質問【GIGA QUAD】
よくある御質問【GIGAQUAD】

関連ページ
加工技術
材料試験サービス
被削性評価試験
残留応力計測
ソリューションサービス
MULTI INTELLIGENCE®
GIGA QUAD
各種試験機及び評価装置

カタログダウンロード

お悩み解決

疲労試験の話



論文・文献集

山金ものづくりワード集

山金Q&A集

株式会社山本金属製作所 お問い合わせ・ご相談・カタログ請求
よくある御質問【GIGAQUAD】
皆様からのGIGA QUADに関してよく頂く御質問をまとめました。

下記以外の質問もお待ちしておりますので、
是非お問い合わせ下さい。

【よくある御質問】

Q 両持ち式と同じ結果はでますか?
A 同じ結果が得られます。1号試験片の場合、試験終了後に破断したポイントと荷重点との実寸を測定し、Lの値を修正して再度応力を計算すれば、両持ち式とほぼ同じ値結果となりました。
Q 製品の最大電流値は?
A YRB200は約1.1A〜約1.5Aです。腐食制御装置は0.05A以下 、YRB300Lは最大電流15A以下となります。またモータの電気容量は0.2kWです。YRB300Lは0.4kW、腐食制御装置は5W以下となります。
Q ブレーカーは何Aのものを準備すればよろしいでしょうか?
A 5A程度のブレーカーを設置していただくことが理想かと存じます。ですが、15A・20A・30Aのブレーカーでも問題ありません。YRB300Lは30Aが必要です。
Q 納入までの日数は?
A YRB200は受注後45日、YRB300Lは90日です。
Q 疲労試験のJIS規格を見ると、切欠き径は最小でもφ6ですが試験を行なうことは可能ですか?
A φ6で実験可能です。ただし、荷重物の上限が20kgですので負荷できる最大応力が減少します。最新の学会動向ではφ4等切欠き径の小さな試験片を用いた論文が発表されております。
Q YRB200の最大荷重と最小荷重を教えてください。
A 最大荷重は20kg。最小荷重は約0.50kgで、アダプター、バネ、棒、受け皿、ナット全ての重量です。これは弊社式の試験機は絶対に必要になって参りますので、おもりを着けていなくとも最低で0.50kgの荷重がかかっています。
Q φ2.5〜φ13まで把持可能とは?
A 試験片の外径がφ2.5〜φ13までの間でしたら、弊社の試験機で試験可能です。しかし、コレットとアダプターは1つの寸法にしか対応しておりませんので、試験片の外径寸法を変更する度に、それに合ったコレットとアダプターを準備する必要があります。コレットとアダプターは弊社にて準備できますので、お気軽にご相談ください。
Q GIGA QUADと従来式の違いは?
A GIGA QUADは片持ち式で試験片4本同時試験が可能なのに対し小野式は両持ち式で試験片1本のみ試験可能となります。
Q 片持ち式と両持ち式の違いは?
A 試験片に働くモーメントが異なるので、方式により使用する試験片の形状が異なります。材料の純粋な強さを知りたい場合は片持ち-砂時計TP、材料欠陥を多く拾いたい場合は両持ち-平滑TPがお勧めです。ただし、片持ちでも平滑TPを使えますし、両持ちでも砂時計TPを使用することができます。
Q 片持ち式と両持ち式の試験結果の違いは?
A 一般的に従来式で用いられる試験片の多くは平滑部のある1号試験片で、片持ち式でよく使用されるのは砂時計型の2号試験片です。これらの試験片を比較してしまうと、1号試験片の方が、評価範囲が広く材料欠陥をひろう可能性が高いので、理論的には片持ち式で作成したS-N線図より両持ち式はやや下方に現れるとされています。ただし、弊社の過去の実験から1号試験片を使った比較試験で、Lの値を修正すればほぼ同じ試験結果を得れました。
Q 切欠き試験片の場合、片持ち式と両持ち式で同じ試験結果を得れますか?
A 同じ切欠き径の2号試験片であれば、どちらの方式でも評価区間が切欠き底のみになりますので、同じ試験をしていることになります。理論的に同じ結果が出ます。
Q YRB300Lの最大負荷荷重はいくらでしょうか?
A 現状85kgです。
>> PageTop
上記の質問以外のお問い合わせもお待ちしております!!
もしございましたら下記よりお問い合わせ下さい!!
>> PageTop



株式会社山本金属製作所 〒547-0034 大阪府大阪市平野区背戸口2-4-7
TEL : 06-6704-1800
TOP | 企業情報 | ニュース | 製品・技術情報 | 研究開発 | 採用情報